楽しく改善

妊婦さん

食生活と軽い運動をしよう

妊婦になると普段便秘ではない人も便秘に悩まされる人もいます。それも7割は便秘で4人中3人もいるほどです。原因は様々で運動不足やストレス、水分を補っていても赤ちゃんにいってしまうことが多く便の水分が不足しがちなことから起こります。少しでも和らげるためには食生活や軽い運動をすることが大切です。食生活では毎日口にする白米を玄米に変えることで、食物繊維が豊富でしかもミネラルも摂取できます。妊娠糖尿病になる人も少なくありませんので、できるだけ炭水化物を抑えることができる玄米は妊婦にとって良い食材でしょう。運動もストレス解消にもなり、体力を少しでもつけていくことが必要なのでマタニティヨガやマタニティビクスなども人気があります。家の近所をウオーキングするのも簡単でお勧めです。

産婦人科や市が開く教室

便秘は多くの人が経験する症状で悩んでいる人も少なくありません。多くの人と話をすることで自分にあった改善方法が見つかることもあるでしょう。生活スタイルでストレスを溜めがちな妊婦はできるだけ外に出て、人と話すことでストレス発散することも便秘の解消につながるので、積極的に妊婦の集まりには参加すると良いです。それでも改善されない場合は我慢をせずに産婦人科で薬を処方してもらいましょう。産婦人科によっては、サプリメントの服薬をおすすめしてくれるところもあります。サプリメントの場合、服薬時間に囚われることがないので自身のライフスタイルによって摂取することが可能です。

アンチエイジングの効果

レモン

アスコルビン酸はアンチエイジングに効果があると言われています。美白だけでなく、病気に負けない身体作りにも効果がありますが水溶性ビタミンのため、サプリメントなどを利用してこまめに摂取することが大切です。

Read More...

腎臓疾患の指針です

筋肉

クレアチニンの数値が高いと腎臓病のリスクが高まります。腎臓病を回避するためには、青魚やタマネギの摂取がよいと言われていますが、苦手な人にはサプリメントの利用がオススメです。血液をサラサラにする事ができます。

Read More...

この栄養は是非取りたい

ゴマ

ごまは身体に良いので食べている人が多いです。食材との相性も良く塩分控え目で美味しい味付けが出来ます。すりごまやいりごまを工夫して毎日食べたいものです。ごまの人気はセサミンの効果によるものです。肝臓まで届く数少ない抗酸化作用を持つ成分です。老化防止や動脈硬化の予防と改善や肝機能を高める効果があります。

Read More...